比較文学比較文化研究室

シンポジウム関係
シンポジウム一覧
講演会一覧
テーマ講義一覧
シンポジウム関係
学生の活動
リンク

Copyright 2007 © All rights reserved by
The University of Tokyo
研究室紹介担当教員紹介大学院学部後期課程

東大比較文學會2020年度(第14回)若手奨励研究コロキアム

読み替えられるテクストとイメージ
――受容と再創造の力学

日時・場所

日時:2020年12月18日(金)13:30—17:30
場所:東京大学駒場Ⅰキャンパス18号館4階コラボレーションルーム1 またはZOOMミーティング

主催

プログラム

総合司会:佐藤光(東京大学教授)
開会の辞:東大比較文學會会長 菅原克也(東京大学名誉教授)

第一部

13:40—

発表1「フランス第二帝政期におけるエドゥアール・マネの受容再考
――マネ個展(1867 年)の展示復元と作品評価」
発表者:井口俊(立教大学兼任講師)
ディスカッサント:吉岡悠平(東京大学大学院総合文化研究科比較文学比較文化コース博士課程単位取得満期退学)

15:00—

発表2「ラフカディオ・ハーン「茶の木縁起」について
――自由と倫理規範の狭間で」
発表者:川澄亜岐子(東京大学大学院総合文化研究科比較文学比較文化コース博士課程)
ディスカッサント:飛田英伸(東京大学大学院総合文化研究科比較文学比較文化コース博士課程)


第二部

16:20—

博士たちの報告会 「博論を書いた人から書く人へ」

報告1「10年前の自分に伝えたいこと」
報告者:岩下弘史(法政大学兼任講師)

報告2「志を立て、よく遊び、よく休む」
報告者:松枝佳奈(東京大学大学院総合文化研究科・教養学部付属東アジアリベラルアーツイニシアティブ特任助教)

閉会の辞:東大比較文學會事務局長 今橋映子(東京大学教授)

お問い合わせ

東大比較文學會事務局
todai-hikaku @ fusehime.c.u-tokyo.ac.jp
tel: 03-5454-6330

 

▼「シンポジウム一覧」に戻る

 
 

UP TOP

研究室地図トップページへ