東京大学比較文学比較文化研究室

大学院
このコースについて
教育・研究プログラム
授業内容一覧
学位論文
修士論文(昭和時代)
修士論文(平成時代)
博士論文(甲)
博士論文(乙)
論文の閲覧について
博士論文刊行本一覧
卒業生の進路
活動と行事
入試案内

シンポジウム関係
学生の活動
リンク

Copyright 2006 © All rights reserved by
The University of Tokyo
研究室紹介担当教員紹介大学院学部後期課程

博士論文刊行本一覧

平成28/2016年

柴田真希都 『明治知識人としての内村鑑三-その批判精神と普遍主義の展開』みすず書房
佐々木悠介 『カルティエ=ブレッソン-二十世紀写真の言説空間』水声社

平成27/2015年

菊池有希 『近代日本におけるバイロン熱』勉誠出版
韓正美 『『源氏物語』における神祗信仰』武蔵野書院

平成26/2014年

手島崇裕 『平安時代の対外関係と仏教』校倉書房
南相旭 『三島由紀夫における「アメリカ」』彩流社

平成25/2013年

泉美知子 『文化遺産としての中世-近代フランスの知・制度・感性に見る過去の保存』三元社
金成恩 『宣教と翻訳-漢字圏・キリスト教・日韓の近代』東京大学出版会
鄭玹汀 『天皇制国家と女性-日本キリスト教史における木下尚江』教文館
池田美紀子 『夏目漱石 眼は識る東西の字』国書刊行会

平成24/2012年

渡辺邦夫 『アリストテレス哲学における人間理解の研究』東海大学出版会
平石典子 『煩悶青年と女学生の文学誌-「西洋」を読み替えて』新曜社
デンニッツァ・
ガブラコヴァ
『雑草の夢-近代日本における「故郷」と「希望」』世織書房
加藤百合

『明治期露西亜文学翻訳論攷』東洋書店

平成23/2011年

牧野陽子 『〈時〉をつなぐ言葉-ラフカディオ・ハーンの再話文学』新曜社

平成22/2010年

川口恵子 『ジェンダーの比較映画史-「国家の物語」から「ディアスポラの物語」へ』彩流社

平成21/2009年

山中由里子 『アレクサンドロス変相-古代から中世イスラームへ』名古屋大学出版会
陳岡めぐみ 『市場のための紙上美術館-19世紀フランス、画商たちの複製イメージ戦略』三元社

平成20/2008年

金沢百枝 『ロマネスクの宇宙-ジローナの〈天地創造の刺繍布〉を読む』東京大学出版会

平成18/2006年

鈴木禎宏 『バーナード・リーチの生涯と芸術—「東と西の結婚」のヴィジョン』ミネルヴァ書房
大東和重 『文学の誕生-藤村から漱石へ』講談社選書メチエ

平成17/2005年

金沢英之 『宣長と『三大考』—近世日本の神話的世界像』笠間書院
西槇偉 『中国文人画家の近代—豊子愷の西洋美術受容と日本』思文閣出版
藤田みどり 『アフリカ「発見」—日本におけるアフリカ像の変遷』(世界歴史選書)岩波書店

平成15/2003年

西原大輔 『谷崎潤一郎とオリエンタリズム—大正日本の中国幻想』中央公論新社

平成14/2002年

金原禮子 『フォーレの歌曲とフランス近代の詩人たち』藤原書店
松井貴子 『写生の変容─フォンタネージから子規、そして直哉へ』明治書院
テレングト・
アイトル(艾特)
『三島文学の原型—始源・根茎隠喩(ルートメタファー)・構造』日本図書センター

平成13/2001年

牛村圭 『「文明の裁き」をこえて—対日戦犯裁判読解の試み』中央公論新社
ツベタナ・
クリステワ
『涙の詩学—王朝文化の詩的言語』名古屋大学出版会

平成12/2000年

林容澤
(イム・ヨンテク)
『金素雲「朝鮮詩集」の世界—祖国喪失者の詩心』中央公論新書
宮本久雄 『他者の原トポス—存在と他者をめぐるヘブライ・教父・中世の思索から』創文社
山本巍 『ロゴスと深淵—ギリシア哲学研究』東京大学出版会

平成11/1999年

張偉雄 『文人外交官の明治日本—中国駐日公使団の異文化体験』柏書房
成恵卿
(ソン・ヘギョン)
『西洋の夢幻能—イエイツとパウンド』河出書房新社

平成10/1998年

佐伯順子 『「色」と「愛」の比較文化史』岩波書店
榎本泰子 『楽人の都・上海—近代中国における西洋音楽の受容』研文出版

平成9/1997年

上垣外憲一 『ある明治人の朝鮮観—半井桃水と日朝関係』筑摩書房
小谷野敦 『〈男の恋〉の文学史』朝日選書
中村都史子 『日本のイプセン現象 1906-1916』九州大学出版会

平成8/1996年

井上忠 『パルメニデス』青土社

平成7/1995年

張競 『近代中国と「恋愛」の発見—西洋の衝撃と日中文学交流』岩波書店
福田眞人 『結核の文化史—近代日本における病のイメージ』名古屋大学出版会

平成6/1994年

尹相仁
(ユン・サンイン)
『世紀末と漱石』岩波書店
新田義之 『リヒアルト・ヴィルヘルム伝』筑摩書房
佐々木英昭 『「新しい女」の到来—平塚らいてうと漱石』名古屋大学出版会
崔官(チエ・ガン) 『文禄・慶長の役』講談社選書メチエ

平成5/1993年

杉田英明 『事物の声 絵画の詩—アラブ・ペルシャ文学とイスラム美術』平凡社
今橋映子 『異都憧憬 日本人のパリ』柏書房

平成3/1991年

川本皓嗣 『日本詩歌の伝統—七と五の詩学』岩波書店
劉岸偉 『東洋人の悲哀—周作人と日本』河出書房新社
厳安生 『日本留学精神史—近代中国知識人の軌跡』岩波書店

昭和62/1987年

井田進也 『中江兆民のフランス』岩波書店

昭和59/1984年

芳賀徹 『絵画の領分—近代日本比較文化史研究』朝日新聞社

昭和52/1977年

太田雄三 『内村鑑三-その世界主義と日本主義をめぐって』研究社出版

昭和46/1971年

平川祐(祐)弘 『和魂洋才の系譜—内と外からの明治日本』河出書房

昭和45/1970年

亀井俊介 『近代文学におけるホイットマンの運命』研究社

昭和44/1969年

小堀桂一郎 『若き日の森鷗外』東京大学出版会
 
 

UP TOP

研究室地図トップページへ